医療事情の変化は保険を見直すきっかけ

工夫する

注意すべき点、気をつける点

様々な保険会社の商品を扱っている保険相談の窓口は、それらの商品を販売して、契約してくれた数に応じてリベートが支払われています。そのため、無料の保険相談の場合、やはり、何かしらの勧誘はあります。そのため、その勢いに乗ってその場で契約というよりも、一度、しっかりと様々な気になった保険の商品を持ち帰り、家族と相談したり、すでに保険に入っている場合は、今入っているものとの比較をしたりして、保険の見直しをしっかりと行うことが大切です。保険の勧誘もあるのなら、保険相談はしたくないなという方にオススメなのは、保険相談でも有料でフィナンシァルプランナーが行っているものがあり、それらは、リベートが保険会社から支払われていないため、勧誘なく様々な商品を紹介しています。

工夫することで得られるメリット

保険相談は、保険の商品を販売することが目的にあります。そんな中で、自分が最低限つけなければならない保険を明確にすることが大切です。また、日本の社会保障制度を知ることで、その制度に足りないものを保険でプラスすることも上手な保険加入になります。まずは、日本の社会保障制度について、知ることも大切です。遺族年金や高額医療費制度、確定申告による医療費控除、市町村によっては、子供の医療費無償化などもあります。様々な制度を知って、もし万が一、自分が病気にかかった時、どのくらいお金後必要なのか、どれくらい日本の社会保障制度でカバーできるのかなどを知った上で、保険相談すると自分にあった保険が見つかりやすくなります。

» ページのトップへ戻る