医療事情の変化は保険を見直すきっかけ

プロに相談を

保険相談をプロにする場合、事前にある程度家族の計画を立ててからお願いすることが望ましいです。保険は基本的に将来のリスクへの対策として購入します。今後の家族の人数や働き方を定めることによって、より家族に適した保険のプランを設定することが可能となります。 保険会社の社員やファイナンシャルプランナーの方は、今までの経験に基づいて色々な形で質問をしてくれます。そこで自分と家族の将来について具体的な話をできるようにしておくことが望ましいです。 保険相談において重要になる要素としては、家と子供に関する事項です。住宅ローンや進学、就職など長期に渡って考えるべき点がありますので、最低限この2つについては検討しておきましょう。

最も多くの人が加入している保険が生命保険です。最近は死亡保障だけでなく、医療保障などを組み合わせてプランもあり、自分に合った保障を選ぶことができます。掛金も月々数百円の少額のものからありますので、単身の方も気軽に保険相談をして申し込むことが可能です。 子供がいる人が生命保険を契約する場合、どのプランを選択するかは子供の成長と合わせて考えることが勧められています。子供がまだ学生の内に不慮の事故などで死亡したり、働けない状況になってしまった場合、家族に多くのお金を残しておく必要があります。子供が学校を卒業して自立してしまえば、残しておくべきお金は少なく設定してもよいでしょう。 具体的にどのような状況でどのぐらいの保障額が必要かは、保険相談のプロに意見を聞いてみてください。

» ページのトップへ戻る